備えあれば災い(わざわい)なし

自然災害や日常生活に潜むさまざまなリスクへの備えについて考えます

台風は週末に来ることが多い、のは気のせいか?

f:id:chibitora53:20180909191055j:plain

 

この週末、台風12号が日本列島に襲来しました。被害に遭われた方々には慎んでお見舞い申し上げます。 

今回の台風、三重県に上陸してから西へ進み、西日本を横断するコースをとったわけですが、気象庁によると観測史上初めてとのことですね。

また、台風が西に進んだため、通過後に晴天いわゆる「台風一過」とならず、しばらく大雨に警戒が必要という状況でした。 

うーん、最近の台風はどうなっちゃったの? 

 

 

台風にはそれぞれ名前が付いている

 

ところで、台風にはそれぞれ名前が付いてるってご存知ですか。今回の台風12号は「ジョンダリ」、北朝鮮の言葉で「ひばり」という意味だそうです。 

気象庁によると、

毎年1月1日以後、最も早く発生した台風を第1号とし、以降台風の発生順に番号をつけている。

従来、台風には米国が英語名(人名)を付けていたが、平成12年から北西太平洋または南シナ海で発生した台風には、あらかじめ用意された140個の名前を順番に用いている。

台風の年間発生数の平年値は25.6個なので、おおむね5年間で台風の名前が一巡することになる。

出典:気象庁|台風の番号の付け方と命名の方法

 

大雨を降らせたり暴風を吹き散らして、行く先々で災害を引き起こす台風ですが、ひとつひとつに名前が付いているんですね。日本の天気予報やニュースでは、あまり名前では呼ばずに台風〇〇号っていうことが多いんですが、名前で呼んでくれた方が記憶に残りそうな気もします。

ついでに、日本由来の名前を調べたところ、ヤギ(やぎ座)、ウサギ(うさぎ座)、カジキ(かじき座)、カンムリ(かんむり座)、クジラ(くじら座)、コグマ(こぐま座)、コンパス(コンパス座)、トカゲ(とかげ座)、ハト(はと座)の9つがありました。

いずれも星座にちなんだ名前なんですね。でも、「ウサギ」や「コグマ」とか、ちょっと台風とはイメージが違う感じがします。台風ウサギとか台風コグマって災害とは縁がないような雰囲気ですよ。 

 

台風は週末にやってくる!?

 

こんな台風ですが、防災の仕事に長いこと関わっている私の経験上、以前から日本に接近するのはいつも週末のような気がしていました「日本に接近又は上陸する台風の多くは、週末しかも夜にやってくる」というのが私の持論です。 

そこで、気象庁の台風統計資料をもとに整理することにしました。"接近"の定義がよく分からなかったので、日本に上陸した台風の数を調べて、その上陸した曜日を確認してみました。 

まず、台風の上陸数です。1988年~2017年の30年間に日本へ接近した台風のコースをひとつずつ確認したところ、そのうち94個の台風が日本に上陸していました。

この中でも、2004年は10個もの台風が上陸しています。私も、福井豪雨の被害は記憶に残っています。また、この年は台風だけでなく、災害が連続して発生した年でもありました。台風による被害のほかに、浅間山噴火や新潟県中越地震なども発生しています。

余談ですが、2004年は年末の今年の漢字で「災」が選ばれた年でもありました。

 

f:id:chibitora53:20180729101446j:plain

 

次に、上陸した曜日です。 

日本に上陸した94個の台風について、上陸した曜日をひとつずつ確認したところ、

  • 月曜日~木曜日 60個
  • 金曜日~日曜日 34個

ということで、週末(金曜日~日曜日)の上陸割合は36%という結果になりました。 

 

f:id:chibitora53:20180729122824j:plain

 

この結果からみると、必ずしも週末に上陸する台風が多いわけではないということになりますね。でも、台風の場合、おおむね2日前くらいから日本に風雨の影響が出始めることが多いので、それを考えると約半数の台風は多少なり週末にかかるような日程で日本に接近・上陸している感じがします。 

 

防災上、台風は夜間より昼間の方が対応しやすい

 

台風が接近して風雨が強くなってくると、鉄道が運転見合わせ、飛行機や船舶が欠航、デパートが閉店、工場が操業停止など社会経済活動に大きな影響がでます。ということであれば、みんなが寝静まっている夜間に台風が襲来した方が社会への影響が少ないんじゃないか、って考えることもあります。要は寝ている間に台風が過ぎ去るってことですね。

しかし、避難することを考えたら明るい昼間の方が断然いいですね。これは台風に限らず、地震や津波など自然災害全般に言えることかもしれません。私の経験では、夜間の避難ほど危険なことはありません。ライトで照らしながら歩いても、自分の足元くらいしか照らせません。周囲の暗闇で何が起きているのか、まるで見えないのは恐怖としか言いようがありませんね。

最近では、夜間の災害を想定して住民の避難訓練を暗くなった夜に実施している自治体もありますが、あらゆる状況を想定して備えることが大切だと思います。

でも、子供たちは週末でなく平日の昼に台風が来てくれる方が嬉しいですよね。だって学校が休校になりますから・・。

 

ではまた。