備えあれば災い(わざわい)なし

自然災害や日常生活に潜むさまざまなリスクへの備えについて考えます

自転車のペダルをビンディングにしてみた

f:id:chibitora53:20180903235931j:plain

 

ロードバイクに乗っていると、いろいろカスタマイズしたくなりますよね。
私も、購入して3か月くらいはデフォルトの状態で乗っていましたが、周りのローディと比較して、「ちょっと違うなー」と最初に思ったのがペダルです。

いつもジョギング用のシューズでペダルを漕いでいたのですが、皆さん信号で停車するたびにカチャカチャ音を立ててシューズを脱着してるんですよ。そこで調べてみるとビンディングペダルだったんです。

私も、上り坂で立ち漕ぎする時にしばしばペダルを踏み外したり、長距離になってくると妙に脚が疲れるなどありまして、まずは、ビンディングペダルの導入を検討することにしました。

 

 

SPDとSPD-SL、どっちを選ぶか

 
調べると、ビンディングペダルだけでもたくさんの種類があることにまず驚きました。
まず、基本的な構造のところで「SPD」と「SPD-SL」の2タイプがあります。
ビンディングペダルは、足とペダルをスキー板みたいに固定させて、効率的なペダリング効果を狙うもの。

でも、少々抵抗がありました。信号で止まる時や、急に歩行者が飛び出してきた時に、すぐに足をペダルから外すことができるかどうかです。 

もう一つ気になったことは、自転車から降りて歩く時のこと。

SPDペダルであればクリート(シューズとペダルを固定するパーツ)が靴底の中に引っ込んだ状態のため、普通に歩けますが、SPD-SLペダルですとクリートが靴底から飛び出しているのでペンギン歩きみたいになります。

階段の上り下りやツルツルした床の上では慎重に歩かないと転倒します。

そんなことから、当初は、フラットペダルとビンディングペダルの中間に位置するSPDペダルの購入を考えました。

SPDペダルも両面にはめ込めるタイプと、片面にはめ込むタイプの2つがあります。そこで、ロードバイクを購入したショップに行って店員のお兄さんから話を聞いたところ「すぐにSPD-SLペダルが欲しくなりますよ」と予想外の回答。

これって、クロスバイクを購入しても、すぐにロードバイクが欲しくなる症候群と似ていますね。 

もう一度、自分なりに再検討した結果、①ビンディングペダルに交換する目的は、足とペダルを固定することで効率的なペダリングを実現すること(フラット面は要らない)、②ロードバイクを駐輪して、長時間歩くことはおそらく無い(盗難が怖いため)、③SPDペダルからSPD-SLペダルへの買い替えはもったいない。

ということになり、結局SPD-SLペダルを購入することにしました。

 

メーカーはどこがいい?

 

さて、次はどのメーカーのSPD-SLペダルにするかです。

シマノ、LOOK、TIMEなど多くのメーカーから販売されていますが、私が選んだのはSPEEDPLAY。

 

f:id:chibitora53:20180907212819j:plain

 

その理由は、①他社製品とはまるで異なる独特なフォルム、②シューズを左右に動かすときの遊び角度が大きく、膝にも優しい、③キャッチ面が両面タイプなので脱着がスムーズ、の3点です。

一方、SPEEDPLAYを実際に使用して感じたデメリットは、①平地で歩きにくい(ペンギン歩き)、②砂地で歩くとクリートに砂が入る(砂地は避けてます)、③クリートの止めネジ調整、及びグリス注入などのメンテナンスが必要(最近は放置状態ですが案外大丈夫)、といったところです。

しかし、最初、クリートとペダルをはめる時は半端なく堅くて悪戦苦闘しました。ペダルを自転車につけた状態でサドルにまたがり、思いっきり踏み込んでハメるんですが、堅くて全然ハマりません。結局、私はショップに行ってハメるのを手伝ってもらい、やっとハマったくらいです。でも、1回ハマれば、それ以降はすぐにハマりますよ。脱着もスムーズです。

それから、信号停車などで繰り返し足を地面につくと、クリートが摩耗するので、クリートカバーは必需品です。SPEEDPLAYなら、クリートカバーをつけたままペダルに固定できるので便利です。

 

立ちゴケにはご用心

 

ビンディングペダルに交換して、怖いのは立ちゴケです。

最初は、両足がペダルに固定される違和感に慣れていないため、その恐怖感といったら半端ないですよ。

私も、車が来ない裏道でペダルの脱着を何度も繰り返し練習しました。 

今、SPEEDPLAYを装着して3年ほどになりますが、立ちゴケは2回ですね。

1回目は友人と駐車場で待ち合わせた時に、会話に夢中になって油断した瞬間。2回目は街中を走っていて、狭い路地からママチャリが飛び出してきて避けようとしたとき。

いずれもケガなどなく、大したことはありませんでしたが、もしも、信号待ちのときに車道側に立ちゴケしたら非常に危険です。

皆さんもお気をつけください。

 

ではまた。

 


にほんブログ村