備えあれば災い(わざわい)なし

自然災害や日常生活に潜むさまざまなリスクへの備えについて考えます

西日本豪雨、ダムの放流ミスで水害が起きたのか?

f:id:chibitora53:20180918082757j:plain

 

先日の西日本豪雨では、多くの方がお亡くなりになり、今もなお避難所生活を余儀なくされている人がたくさんいます。

一部の報道では、ダムが放流したために災害が発生したということですが、本当のところはどうなんでしょうか?

今日はダムの役割について考えてみます。

 

 

洪水時のダムの役割

 

ダムは、川の水を一時的に貯める施設であることは誰でも知っていることと思います。

では、どういう時に水を貯めるのでしょう。

一つは、今回の西日本豪雨のように、大雨が降って河川の水位がどんどん上昇し、このまま雨が降り続くと、ダム下流で洪水被害が発生するおそれがあると判断した場合です。

上流で降った雨は河川に流れ込んで、下流へ流れていきますよね。たくさんの雨が降れば、当然、河川にもたくさんの水が流れます。一方、河川には堤防がありますが、この堤防は、大雨が降ってたくさんの水が流れてきた時にでも、安全にその水を流すために作られています。

しかし、堤防ですべての洪水から皆さんの町を守ることはできません。今回の西日本豪雨のようなとんでもない規模の大雨が降れば、降った雨は洪水となって堤防を乗り越えます。そこで、ダムが一時的に洪水を貯め込んで、下流へ流れていく洪水の量を減らしているんですね。

仮に下流の堤防がどこかで決壊した場合、ダムが無ければ、もっと早い段階で堤防は決壊します。これはそこに住んでいる人たちが避難する時間がさらに短くなるってことですね。

しかし、ダムが貯め込むことができる洪水の量には限界があります。当たり前ですよね、ダムって川の上流に設置された大きなプールみたいなものですから、無限に洪水を貯め込むことなんて不可能です。ですから、ダムを造るときにキチンと計画を立てて、ダムの大きさや操作ルールを決めているんです。

今回の西日本豪雨で非難されているダムも、こうした操作ルールに従って適正に操作していますので、少なくともダムに入ってくる洪水の量よりも多くの洪水を下流へ流してはいないと思います。それはダムの操作記録を見れば一目瞭然でしょう。

それから、ダムが水を貯めるもう一つの目的には、水道水、かんがい用水、工業用水、発電などがあります。これら生活に必要な水を貯めておいて、必要なときに・必要な量を流すという重要な役割があるんです。

 

異常洪水時防災操作って何?

 

ダムに入ってくる洪水の量が、あらかじめダムを造ったときに決めておいた計画の洪水量の範囲であれば、効果的に洪水をダムに貯め込んで、下流の堤防決壊などを防ぐことができます。しかし、計画以上のとんでもない大雨が降ると、ダムに入ってくる洪水の量も計画規模を上回ることとなり、最終的にはダムに入ってくる洪水をそのまま下流へ流すことしかできません。これが異常洪水時防災操作です。

イメージとしては、川の上流に設置された大きなプールが満杯となって、上流からの洪水がプールを乗り越えて下流へ流れる状況です。

ダムの操作としては、当初は計画どおりに洪水をダムに貯め込む操作を行いますが、ダムの操作中にさらに計画以上の大雨が降ってきて、先ほどのプールの例えと同様にダムが満杯となって洪水を貯め込むことができないと判断された段階で、異常洪水時防災操作を行います。こうなると、ダムも入ってくる洪水をそのまま下流へ流すことしかできません。満杯のプール状態です。

 

ダムにも限界がある

 

昔から人間は河川の近くで生活を営み、進化を続けてきました。それは、水というものが人間が生きていく上で欠かせない極めて重要なものだからです。しかし、河川も時には洪水となって人間に襲い掛かります。ですから、古くから堤防を造ったり、ダムを造って、洪水による被害が発生しないように努力してきたわけです。

今回、西日本豪雨で多くの方が犠牲になりました。結果として、堤防もダムも今回の大雨には対応できなかったということです。

マスコミや被害に遭われた方々が言われる「ダムが放流したから災害が発生した」。その通りかもしれません。

でも、ダムが無かったらどうなっていたのか。それを考えてみることも必要だと思いました。

 

ではまた。