備えあれば災い(わざわい)なし

自然災害や日常生活に潜むさまざまなリスクへの備えについて考えます

ケガの功名で体重を減らすことができた話

f:id:chibitora53:20180918082535j:plain

 

ダイエットって難しいですよね。

甘いものは我慢し、食事の量も少なめ。でも空腹には耐えられません。 

1日の消費カロリーより少ないカロリーを食事として摂取していれば、太らないはずなんでしょうが、なかなか上手くいきません。

さらに飲み会とかあると気が緩んでしまい、あっという間に体重が増えます。 

そんな中、怪我の功名で、2ヶ月で10kgの減量に成功した話です。

 

 

肉離れで2ヶ月間の安静

 

寒い冬のある朝。週末のジョギングの疲れもなく、いつもどおり仕事に行く途中の出来事です。

交差点にさしかかり、横断歩道を横切ろうとした瞬間、足元から「ブチっ!」って音がして、歩くことができない状態になってしまいました。

タクシーを呼んで、脚を引きずりながら、近くの整形外科になんとかたどり着いたところ「ふくらはぎの肉離れですよ」って診察。

それからしばらくは、松葉杖で通勤し、週末も自宅で安静にしている生活でした。

 

体重維持計画スタート

 

思いもよらない、突然のふくらはぎの肉離れ。週末のジョギングやロードバイクも当然お預けです。まさにデブる危険性100%。これはマズイと、運動できない間だけでもと思い、体重維持計画を始めたのです。

運動ができないので、食事制限するしかありません。そこで毎日の食事内容を次のようにしました。

  • 朝食:ダイエット用プロテイン+牛乳300cc
  • 昼食:ご飯を茶碗半分+おかず少々
  • 夕食:ウイスキーの炭酸割りコップ2杯+おかず少々(タンパク質中心)

ポイントは、

  • 夕食で炭水化物を摂らない
  • お菓子は一切食べない
  • お酒はビールをやめて、カロリーの低いウイスキー
  • 飲み会は参加しない(お酒やおつまみを我慢できないから)
  • 毎朝お風呂に30分入って汗をかき、その後に筋トレ(腹筋、腕立て)10分

これを2ヶ月継続したところ、体重をキープするどころか、なんと10kgも痩せてしまったんです。

怪我した時が75kgでしたが、2ヶ月で65kgまで体重が減りました。これにはビックリです。

最初は痩せるつもり無かったんですが、2週間で体重がストンと3kgほど減ったことに味をしめ、そのまま続けたら10kgダイエットできたということです。

しかし、一気に10kg減ったわけではありません。途中で体重が一向に減らない時も何度かありました。

ストンと2~3kg体重が減って、しばらく横ばい。これの繰り返しですね。

 

リバウンド、そして再びダイエット

 

実は、さらにその後、同様の食生活を1ヶ月続けたところ、60kgまで痩せたんです。この頃からジョギングを再開し、週末には土日で20km以上走っていた効果も加わったためだと思います。

その後、4年が経過した今、私の体重は65kgです。60kgから68kgまでリバウンドで体重が増えてしまい、痩せてた頃のズボンがキツくなったことに危機感を感じ、再び食事制限で体重を落としているところです。

ダイエットは、食事制限を継続すれば必ず成功するというお話でした。

 

ではまた。