備えあれば災い(わざわい)なし

自然災害や日常生活に潜むさまざまなリスクへの備えについて考えます

週末ロードバイクは前日の準備で楽しみ倍増

f:id:chibitora53:20180903234915j:plain

 

ロードバイクで初めての土地へ出かけると、新しい出会いや発見などがあったりして、ちょっと感動ですよね。

地図を見て、「明日はどこへ行こうか?」「ここはどんな場所なのかな?」と想像を膨らませるのも楽しみの一つです。

今日は、私の週末ロードバイクの楽しみ方をご紹介します。

 

 

前日にコースチェック

 

週末に自転車に乗る私。まず金曜日の夜にgoogle mapでコースチェックです。

まず、名所旧跡、観光地、景色の良いところ、こういった場所の中から目的地を決定します。基本的に一度行ったところは除外し、初めての場所を優先して選ぶようにしています。また、距離は自宅から30~40kmくらいのところで、半日あれば戻って来れる場所が多いですね。

目的地が決まると、次はコース選びです。

できるだけ車の交通量が少ない道路で、河川沿いなど景色の良いコースを選ぶようにしています。また、往路と復路は異なるコースを選び、とにかく新しい場所との出会いを大切にしています。初めてのコースを走ると、意外と新たな発見もあって楽しいです。

それから、大事なことは天気予報の確認です。途中で雨が降りだしたらせっかくのツーリングも台無し。午後から雨の予報であれば朝早くに出発してお昼には自宅に戻ります。午前中が雨であれば、午後、路面が乾くころに出発することにしています。

 

持ち物

 

ドリンクや携帯食品は前日に用意しておきます。私がいつも携帯するのは、ミネラルウォーターとゼリー状の補給食です。ドリンクはボトルに入れてボトルホルダーにセット、補給食は背中のリュックに入れます。

リュックは、ドイターのコンパクトサイズのものを使っています。背中にフィットして通気性も良いですよ。リュックには、ABUS(アブス)のチェーンロック、エアーサロンパス、絆創膏、飴、ティッシュ、紙幣などを入れてます。

また、ツールボトルには、携帯用六角レンチ、CO2ボンベ、チューブレスタイヤ用の瞬間パンク修理材(IRC ファストリスポーン)などを入れてます。

小銭は面倒なので持ち歩きません。コンビニに立ち寄った場合は、スマホのSuicaでピッとワンタッチでの支払いです。

 

f:id:chibitora53:20180904001915j:plain

 

 

ハンドル周り

 

私は、サイコンを持っていません。

以前、クロスバイクに乗っていた頃には、CAT EYE(キャットアイ)のお手軽価格のサイコンを付けていましたが、あまりスピードとか気にしないんですよね。

でも、GPS付きナビは欲しいですね。GARMIN(ガーミン)がもう少し安ければ買うんですが・・・ちょっと我慢です。

ナビの代わりに装備しているのが、ジョギング用のGPSウォッチです。自転車モードに設定しておけば、スピード、走行距離、走行時間などが表示できますし、自宅に戻ってから走行ルートをパソコンで確認・記録できるので大変便利です。私が使っているのはGARMIN(ガーミン)の製品です。

あと、ハンドル周りに付いているのは、ライト、バックミラーです。ライトはほとんど使いません。トンネルが嫌いなので回避しているんです。バックミラーはすごく重宝してます。後方からの車の接近が分かるので必需品ですね。

 

当日の楽しみ方

 

だいたい一人で走ることが多いので、マイペースで目的地へ向かいます。前日にチェックした立ち寄り場所で休憩です。休憩は20kmに1回くらいのペースですね。

でも、自転車の盗難が怖いのでカギで地球ロックして、5分も自転車から離れないようにしています。戻ってきたら、ホイールが無かったなんてショックが大きいですからね。

道に迷ったら、まずスマホで現在地の確認です。方向さえ分かれば、なんとでもなりますし、いよいよとなったら、スマホのナビアプリの出番です。

食事も、コンビニでおにぎりを1~2個買って、店先にどっかり座って食べてます。

とにかく、自転車で新しい場所へ行くことが私の最大の楽しみです。健康のためにも、ストレス発散のためにも、自転車は最高です。

 

ではまた。

 


にほんブログ村