備えあれば災い(わざわい)なし

自然災害や日常生活に潜むさまざまなリスクへの備えについて考えます

土砂災害から身を守る方法は、危険な場所から離れること

f:id:chibitora53:20180903234702j:plain

 

毎年のように土砂災害によって尊い人命が失われています。

ところで、土砂災害って具体的にどのような現象なんでしょうか。また、土砂災害による犠牲者が無くならないのはどうしてなんでしょう。

今日はそのような土砂災害について考えてみたいと思います。

 

 

土砂災害の種類と特徴

 

土砂災害の主な形態として、土石流、がけ崩れ、地すべりの3つがあります。土石流は渓流や沢から土砂と雨水が一気に流れ出る現象です。がけ崩れは身近なところでもよく見ますよね。地すべりはあまり見かけませんが、大きな土の塊がゆっくりと動くイメージです。国土交通省によれば、次のように定義されています。

 

土石流

山腹、川底の石や土砂が長雨や集中豪雨などによって一気に下流へと押し流されるものをいいます。 その流れの速さは規模によって異なりますが、時速20~40kmという速度で一瞬のうちに人家や畑などを壊滅させてしまいます。

 

がけ崩れ

地中にしみ込んだ水分が土の抵抗力を弱め、雨や地震などの影響によって急激に斜面が崩れ落ちることをいいます。 がけ崩れは、突然起きるため、人家の近くで起きると逃げ遅れる人も多く死者の割合も高くなっています。

 

地すべり

斜面の一部あるいは全部が地下水の影響と重力によってゆっくりと斜面下方に移動する現象のことをいいます。 一般的に移動土塊量が大きいため、甚大な被害を及ぼします。また、一旦動き出すとこれを完全に停止させることは非常に困難です。 我が国では、地質的にぜい弱であることに加えて梅雨あるいは台風などの豪雨により、毎年各地で地すべりが発生しています。 

 

f:id:chibitora53:20180901104421j:plain

 出典:国土交通省ホームページ(砂防:砂防の役割と対策 - 国土交通省) 

 

これらの土砂災害ですが、毎年のように全国各地で発生しています。

台風や集中豪雨などの大雨や梅雨時期の長雨、地震による揺れなどが原因となって発生しますが、特徴として ”突然発生することが多い” ため、深夜など就寝中に裏山が崩れたり、土石流に襲われると逃げる間もなく土砂に巻き込まれてしまいます。

 

最近発生した土砂災害

 

最近の主な土砂災害としては、次のようなものがあります。

平成25年台風26号

東京都伊豆大島で大規模な土石流が発生し、40名の方が亡くなりました。集中豪雨と24時間で800mmを超える雨量が原因となって、広範囲にわたり山腹斜面の表層崩壊が発生し、大規模な土石流となって市街地を襲ったものです。

平成26年8月豪雨

広島県広島市で土石流とがけ崩れが発生し、77名の方が亡くなりました。深夜に時間雨量100mmを超える集中豪雨が降り続いたことが直接の原因ですが、土砂災害のおそれがある山裾付近にまで宅地開発が進んでいたことなども原因と考えられています。

平成28年熊本地震

熊本県熊本地方を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生し、熊本県益城町などで 震度7を観測しました。この地震により阿蘇大橋付近で大規模な斜面崩壊が発生し、たまたま車で通りかかった方がお亡くなりになりました。

平成29年九州北部豪雨

集中豪雨により、福岡県朝倉市・東峰村、大分県日田市などで土石流、がけ崩れ、地すべりが発生し、 21名が亡くなりました。

平成30年7月豪雨

広島県、愛媛県、山口県などを中心に西日本の広い範囲で土石流、がけ崩れ、地すべりが発生しました。それらの発生件数は約1,400件、死者は118名にものぼっています。広島市では、平成26年の被災地域でもかなりの降雨量となりましたが、砂防堰堤等の整備により土砂災害は発生しませんでした。

このような大規模な土砂災害以外にも、裏山が崩れて家もろとも土砂に埋まってしまった、あるいは土石流で家ごと押し流された、というようなピンポイントでの土砂災害も各地で発生しています。

 

土砂災害から身を守るには


このような土砂災害から私たちはどうやって身を守ればよいのでしょうか。

全国には ”土砂災害危険箇所” と呼ばれる土砂災害が発生するおそれのある危険な場所が約53万箇所もあります。

これら土砂災害のおそれのある区域について、土砂災害防止法において、都道府県は土砂災害警戒区域(イエローゾーン)土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)に指定し、危険の周知、警戒避難態勢の整備、住宅等の新規立地の抑制、既存住宅の移転促進等のソフト対策を推進することとしています。そして、土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域の指定状況は、平成30年3月末で計91万区域の指定が完了しています。

出典:国土交通省ホームページ

http://www.mlit.go.jp/river/sabo/sinpoupdf/jyoukyou-1803312.pdf

 

土砂災害の発生する場所は、ほぼ土砂災害危険箇所(警戒区域、特別警戒区域に指定されていれば、その区域)である、といっても過言ではありません。

大雨のとき、とりわけ土砂災害警戒情報が発表されている場合には、土砂災害危険箇所には近づかない、また、そこに住んでいる人は早めに避難することが生死を分けることにつながります。

 

土砂災害の犠牲者が減らない理由

 

 土砂災害に遭われた方々の大半は、「こんなことは長い人生で初めてだ」とみな口を揃えておっしゃいます。

30年、50年とずっとそこに住んできた方々にとってみれば、「今まで大丈夫だったんだから、今回も大丈夫だろう」という正常性バイアスがはたらいたんでしょう。

でも違うんです。土砂災害は突然襲ってきます。こうした先入観を捨て、危険な状況に陥る前に安全な場所へ避難(移動)することこそが身を守る方法です。

災害は忘れた頃にやってくる

このことをみんなが理解して、きちんと行動すれば土砂災害の犠牲者は減っていくのではないでしょうか。

 

ではまた。