備えあれば災い(わざわい)なし

自然災害や日常生活に潜むさまざまなリスクへの備えについて考えます

ロードバイクに乗るとき、これだけは気をつけたいこと

f:id:chibitora53:20180909062702j:plain

 

ロードバイクに乗っていると、ときどきヒヤッとする場面に出会うことがあります。

脇道から歩行者が飛び出してきたり、車が自転車すれすれで追い抜かしていくなど、様々なケースがありますが、いずれにしても危険な状況にあることは間違いありません。

車と自転車の双方の立場に立って、道路に潜むリスクについて考えてみました。

 

 

道路交通法における自転車の取り扱い

 

道路交通法では、自転車は軽車両に区分されており、自転車はあくまで車両という位置づけです。

ポイントは次の5点。

・自転車は、車道通行が原則、歩道は例外
 歩道と車道の区別があるところでは、車道通行が原則です。

・車道は左側を通行
 自転車は、車道を通行するとき、道路の左端に寄って通行しなければなりません。

・歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
 歩道を通行できる場合でも、車道寄りの部分をすぐに停止できる速度で通行し、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければなりません。

・安全ルールを守る
 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止、夜間はライトを点灯、交差点での信号遵守と一時停止・安全確認など安全ルールが決められています。

・子どもはヘルメットを着用
 児童・幼児の保護者は、児童・幼児を自転車に乗車させるときは、乗車用へルメットを着用させましょう。

 

f:id:chibitora53:20180909062850j:plain

 出典:国土交通省ホームページ(道路:道の相談室:歩行者・自転車、バリアフリー - 国土交通省) 

 

よくあるのが、自転車で車道の左端を走っていると、正面から逆走して突っ込んでくるママチャリです。

ロードバイクの人たちは、大半がヘルメットも着用し、運転マナーもしっかりしていますが、ママチャリは未だに交通ルールを知らない人が多いですね。

 

車から見た自転車の危険行為

 

まず、私が車を運転している状況で、実際に遭遇した自転車の危険な走行について整理してみます。

・信号無視
 交通量がほとんど無いような交差点では、平気で信号無視する自転車が多い。

・道路を右側通行で逆走してくる
 自転車は左側通行であることを知らない自転車がいる。とくにママチャリ系。

・後方確認をせずに道路を斜めに横断する
 道路を縦横無尽に走る自転車。子供や年寄りに多い。

・無灯火運転
 夜、真っ暗な道路を無灯火で忍者のように走る自転車。若者に多い。

・二段階右折せずに、右折レーンを使って右折
 交差点で車の右折レーンから直接右折する暴走自転車。ロードバイクにときどき見る。

・左折時に無理やり入ってくる
 お店などに入ろうとして、道路の左側に寄って左折するときに、そこに割り込む自転車。

・駐車車両を避けるときに道路側にはみだす自転車
 道路端に車が駐車していると、道路側に大きくはみだして抜いていく自転車。

いずれも、一つ間違えば事故に直結するような状況です。

自転車に乗る人は、最低限の交通ルールを順守するようにしてもらいたいですね。

 

自転車から見た車の危険行為

 

次に、私が自転車に乗っている状況で、実際に遭遇した車の危険走行です。

・自転車と接触しそうな距離で追い抜いていく車
 車に追い越されるとき、もう少しで接触しそうなラインどりで自転車を抜いていく車。

・道路端に違法駐車している車
 道路を一車線ふさぐような形で違法駐車している車。いきなりドアを開けられたらアウト。

・後方からクラクションを鳴らす車
 自転車が邪魔だと言わんばかりにクラクションを鳴らす車。

・自転車を無視して脇道から出てくる車
 明らかに自転車優先なタイミングで、それを無視して脇道から出てくる車。

・わき見運転で自転車に接触しそうな車
 自転車と並走しているときに、自転車側に寄ってくるわき見運転の車。

自転車と車では、ぶつかったときの結末は目に見えています。

車の運転手は、自転車のことを見下さず、対等な立場で譲り合うくらいになってもらいたいですね。

 

自転車活用推進法による新たな展開

 

こうした中、自転車活用推進法が平成29年5月1日に施行され、次の4点を基本理念とし、国としても、自転車の活用を総合的・計画的に推進することとなりました。

  • 自転車は、二酸化炭素等を発生せず、災害時において機動的
  • 自動車依存の低減により、健康増進・交通混雑の緩和等、経済的・社会的な効果
  • 交通体系における自転車による交通の役割の拡大
  • 交通安全の確保

出典:国土交通省ホームページ(道路:自転車活用推進本部:最新情報 - 国土交通省

 

2020年の東京オリンピックでは、自転車競技が伊豆で開催されます。これからの世の中、ますます自転車がいろいろな場面で活躍することが考えられますね。シェアサイクルやレンタサイクルの拡充、サイクリングロードの整備、電動自転車の進化とお年寄りへの普及、健康維持のためのツール、鉄道や船舶など公共交通機関との連携、外国人観光客の利用促進など、数え始めたらキリがありません。

 

今後、自転車が走りやすい環境がより一層整備されるとともに、自転車と車が共存し、対等に活躍できる日も近いと思います。

 

ではまた。 


にほんブログ村