備えあれば災い(わざわい)なし

自然災害や日常生活に潜むさまざまなリスクへの備えについて考えます

上司がマイクロマネジメントだったときの対処法

f:id:chibitora53:20180918210601j:plain

 

マイクロマネジメントってご存じですか? 一言でいうと「上司から部下への過干渉」です。上司が部下に細かい指示を出して全てをチェックし、気に入らないと自分の思うように修正させたり、細かいことまで報告させる行為です。本人はその行為が過干渉であるという自覚がないケースがほとんどのようですが、結論的にいうとマイクロマネジメントは部下のやる気を削ぐばかりでなく、組織力の低下を招きます。今回は、マイクロマネジメントについて考えてみます。

 

 

マイクロマネジメントとは

マイクロマネジメントとは、部下の権限内のことであってもいちいち報告させて、あらゆることに上司が介入したり、こと細かに指示を出して部下の行動を一から十まで管理したがるといった行為です。例えば、議事録や報告書の書き方が自分の思い通りでないとケチをつけたり、資料の様式を自分のフォーマットに従わせたり、細かいことまで全て報告させたり、会議の進め方や内容までこと細かに介入するなど、あらゆることに口出しする行為です。

あなたの上司に次のようなことは当てはまりませんか? もしそうであればマイクロマネジメントですよ。

  • 自分が過去に成功した方法が最善だと思い込んでいる
  • 仕事のやり方をいちいち指示してくる
  • どうでもいい細かいことまで報告させる
  • 気に入らないことがあるとすぐに怒り出す
  • メールのCCに必ず自分を入れるよう注意してくる

マイクロマネジメントによる弊害

上司がマイクロマネジメントだと様々な弊害が発生します。とくに下で働く部下は直接の被害者となり、最悪の場合には心の病に陥るケースもあります。

部下のやる気を削ぐ

このようなマイクロマネジメント上司のもとでは部下は自主性を失い、仕事に対するモチベーションも低下します。こうなると部下のスキルアップは到底望めませんし、部下は成長しません。

組織力の低下

いちばん大きな問題は組織力の低下です。マイクロマネジメント上司は部下全員に同じような態度をとるため、部下の自由な発想や創造性は阻害されます。その結果、部下は主体性をもった行動がとれないようになってしまい、組織力はどんどん低下します。

上司は裸の王様に

部下が壊れる一方で、上司も部下からの信頼を失います。部下は上司に従っているフリをしますが、裏では上司の悪口を言うでしょう。こうなると組織は空中分解です。

マイクロマネジメントは誰でも発症する

このようなマイクロマネジメント上司ですが、自分から意識的にそういう態度をとっているわけではないようです。これまでの経験や性格が原因であると言われています。その中でも一番の原因は、上司自らが過去に経験した成功体験、あるいは自分が一番仕事ができるという自己顕示欲みたいです。こういう上司はプライドが高いので、自分が成功したやり方が最良であると思っているんですね。それを無意識のうちに部下に押しつけているんです。

そもそも、上司のやり方が本当に正しければ、部下も上司を信頼してついていきますから問題は発生しませんよね。しかし、上司の振る舞いがマイクロマネジメントであることが分かった時点で部下は上司を疑い始めます。上司は部下を選べませんが、部下も上司を選べません。そこからは暗黒時代の始まりです。

でも、ここで一つ注意しなければいけないことは、誰しもマイクロマネジメントになる可能性があるということです。ある程度の役職になって権限を持った瞬間にあなたも豹変するかもしれません。そんなことが無いようにしたいものですね。

マイクロマネジメント上司への対処法

部下から上司のマイクロマネジメントを改善させるのはとても難しいようです。本人も無意識でやっていることですから、部下からも言いにくいですよね。さらに、部下が上司のマイクロマネジメントに嫌気をさして反抗すると、さらに上司のマイクロマネジメントはパワーアップするみたいですよ。

一般的にマイクロマネジメントを改善させるには、部下が上司からの信頼を得ることがもっとも効果的であるといわれています。うるさくて細かい上司かもしれませんが、そこは我慢して、上司についていく姿勢を見せることから始めましょう。そのためには、日々の報告をこちらから積極的に行うことや、困ったときにすぐに上司に相談するくらいの気概いを見せたいところですね。

上司だって、家に帰れば良いお父さんかもしれません。細かくて面倒かもしれませんが、辛抱強く我慢するしかありません。同僚たちもみな同じ気持ちだと思いますから、早めにみんなで相談するのがいいと思いますよ。職場でわざとらしくマイクロマネジメントの話題を持ち出すと、もしかしたら上司自らがマイクロマネジメントであることに気づいてくれるかもしれませんね。

まとめ

私はおかげさまでマイクロマネジメントと言うほどの上司にあたった経験はありません。ときどき「小うるさい上司だなー。」って思ったことはありますが、そんなに困ったことはないですね。マイクロマネジメント上司って、結局のところは心配性なんでしょうね。とにかく口をはさんでチェックしないと不安で仕方がない性格。そんな風に考えれば、こちらはどっしり構えていればいいんです。

 

ではまた。