備えあれば災い(わざわい)なし

自然災害や日常生活に潜むさまざまなリスクへの備えについて考えます

アパート探しは、建物の構造と「音」がポイントです

f:id:chibitora53:20180918194411j:plain

 

毎年春になると、4月から新入生・新社会人として一人暮らしを始める方々がこぞって部屋探しを始めます。2月とか早い段階で進路や勤務地が決まれば、アパート探しも余裕をもってできますが、大学の合格発表や勤務地が決まるのが3月中旬以降になるようなケースだとこうはいきません。物件もどんどん減ってくる中、立地条件が多少悪くても契約せざるを得ないようなときがありますね。私も単身赴任したときなどはアパートを借りていたんですが、中には部屋のつくりが悪くてとても不愉快な思いをしたことがあります。今回は、こうしたアパート選びのポイントについて考えます。

 

 

一人暮らしはアパート探しから


大学受験に受かって4月から新入生として新たな一歩を踏み出す、あるいは就職が決まって晴れて社会人デビューする、こういった場合には一人暮らしを始める人がたくさんいます。その主な理由はだいたい次のようなことと思います。
・学校や会社まで遠すぎてとても自宅から通学、通勤できません
・大学生、社会人になったら親元から離れて一人暮らしするのが基本でしょ
・仕事の都合で会社の近くに住むように言われたから仕方がないよ

そんなことで、大学や勤務地が決まると次にやるのが「アパート探し」です。大学であれば学生寮があるところもありますが、最近の学生は民間アパートに入って自由を謳歌したいって人が多いみたいですね。一方、会社の場合は無理矢理に社宅へ押し込められるケースもありますので、やはりケースバイケースなんでしょうか。

民間アパートの場合、その多くはアパート賃貸会社が斡旋してくれます。ネットでも簡単に検索できますし、それぞれ店舗も全国あちこちにありますので、自分が住みたいエリアが決まればさっそく検索開始です。

アパート探しのポイントは建物の構造


私の経験上、アパート探しはネットで行うのが最もスピーディかつ効率的です。賃料、敷金・礼金、築年数、構造(木造・RC等)、最寄りの駅やバス停からの距離、部屋の間取りはもちろんのこと、周辺環境や外観・内観の写真も掲載(写真未掲載の物件も一部あります)されており、それだけでそのアパートがどのような物件であるかイメージできます。

また最近では、こだわり条件として、2階以上、角部屋、駐車場あり、室内洗濯機置き場、エアコンつき、温水洗浄便座(ウォシュレット)、IHコンロ、フローリング、宅配ボックス、浴室乾燥機、インターネット接続などの詳細まで指定して検索することができます。

私が条件指定でこだわりたいポイントは、賃料」、「間取り」、「築年数」、「駅からの距離」に加えて「建物構造」の5つです。賃料は安いにこしたことはありませんが、間取りが悪いと後々使いづらいでしょうし、築年数が数十年ともなれば間違いなくゴキブリが出ます。また駅からの距離も徒歩10分とあればだいたいは徒歩15分と思った方がいいです。サバをよんでいますからね。そして最も重要なのが建物の構造です。地震が起きたらペシャンコでは話になりませんし、壁が薄いようなつくりだと隣室の生活音や話し声が聞こえることもあります。私の経験上、RC造であれば地震も音も大丈夫ですが、軽量鉄骨などの物件は避けた方がいいと思います。以前2年ほどレオ〇〇〇に住んだことがありますが、となりの部屋や上下階の部屋からの音漏れは酷かったです。ティッシュを箱から取り出すような音すら聞こえる始末ですから・・・。

こうして検索していくと、希望にあった物件がいくつか見つかりますが、ここで一つ重要なことがあります。それは他のアパート賃貸会社の物件についてもネットから情報収集することです。アパート賃貸会社はあくまでも物件を仲介しているだけなので、取り扱っている物件も異なります。最低でも大手賃貸会社3社くらいの情報は確認した方が良いと思いますよ。もっと自分の条件に合った物件が見つかることもあります。

物件を絞り込んだら交渉開始、そして契約


こうして希望するアパート物件を3つくらいまで絞り込めたら、いよいよ賃貸会社との交渉開始です。メールなどで相談することもできますが、担当者が忙しかったりすると店舗への来店者を優先して、メール相談者が後回しにされることも考えられます。ここは一刻も早くアパート契約までこぎ着けたいところなので、迷わずお店に電話して直接交渉しましょう。気に入った物件があることを伝え、できれば仮押さえをお願いします。このとき、お店からいつ来れるか聞かれると思いますので、できるだけ早くお店に出向くようにします。

お店に行くと、マニュアルで決められたおきまりの説明があります。それが終わると希望する物件まで車で連れていってくれますので、周辺環境や外観、駐車場などを確認します。もしも部屋が空いていれば部屋の中も見せてくれますので、リビング、キッチン、バス、トイレ、押し入れなどの細かいところまで傷や汚れがないか、などのチェックをしましょう。

仮にこれが第一希望の物件で、実際に自分の目で見て「ここでいい!」ということになれば即契約です(私の場合はいつもこのパターン)。逆に、これが第二、第三希望であれば当然ですが第一希望の物件を見させてもらって判断します。また、他の賃貸会社に良い物件があれば、担当者にそのことを告げて、そちらも見に行きましょう。

まとめ


私も長い人生の中で一人暮らしを計18年やりました。学生時代はお金も無いので4畳半のぼろアパートに住んだこともありますし、社会人になってからも若いうちは会社の寮に押し込められて、先輩や同僚たちと半分プライベートが無いような生活をしていましたね。最後の4年間は単身赴任でしたが、このときはとにかくアパートの壁が薄くて最悪の環境でした。だって隣りの部屋の声が丸聞こえなんですから。こういうアパートには二度と入りたくないと思いましたよ。
皆さんもアパートを探すときには、建物の構造と「音」には要注意です。

 

ではまた。